• Ishikawa-legi

子音大事

行きの車の中でボズ・スキャッグスと思われる渋くて甘い低音の歌声を聴いていて、サビの歌詞の最後がよく聞き取れなかった。

♫ Take me back to the place that I know on the bee...♫

「ん? 私を連れ戻してあの場所へ、蜂の上の? 蜂?」

何回注意深く聞いてもわからない。蜂のはずがなく、おそらく”on the beach (浜の)" なのだと思うが、最後の「チ」の音を徹底的に発音していないように聞こえる。

「いくらかっこよくて渋い男子でも、”蜂の上”ならカッコ悪いわ。」と思っていたら、最後にちゃんと「ビーチ…」とかすれ声で言った。やっぱり子音って大事だ。

ヘブライ語の書物は母音を省いて子音だけで書いてある。アルファベットは黙読するだけなら、子音だけのほうがすらすら早く意味が読み取れるのだ。

逆に英語は読むのに結構苦労する。アルファベットがダーっと並んでいて目がチラチラして、いちいち心の中で発音してみないと意味がわからない。

人間の言葉は、動物の鳴き声と違って抽象的で複雑な内容を伝えなければならないから、子音をきちんと発音することが大事だと通勤途中に思った。

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所