• Ishikawa-legi

ゴジラ・モスラ夫婦

お盆休みは家族で辰口温泉に1泊した。家族4人で一部屋だ。私はイビキをかくからというので、遠くの方へ追いやられて寝た。

早朝ふと目をさますと、向こうで寝ている夫の顔が、日頃の疲れからかむくんで下ぶくれになっている。

その様子がまるで怪獣のゴジラのように見えたので、心配になって声をかけた。

「あんた、ゴジラみたいだけど大丈夫?」

すると、すかさず夫が切り返してきた。

「…。あんた、モスラみたいだけど大丈夫?」

「ひ、ひどい!」

だいたい、いつも夫はオウム返しに言い返してくるのだ。その言い方が超ムカつく。こっちは心配してやってるのに、私のことをモスラだなんて本当にひどい。

ギャーギャー言い合っていると、目を覚ました子ども達に

「朝っぱらからうるさい!」

と叱られてしまった。

夫婦は社会の最小単位であり、夫婦円満が世界平和で大事だとわかっているが、これがなかなか難しい。新婚の頃からのわだかまりがあって、なんか許せない部分があるし、素直になれない。夫婦仲良くって本当にむずかしい。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所