• Ishikawa-legi

団塊ジュニアの白い高級外車SUV


地元で評判のアイスクリーム屋さんに行ってアイスを買って、駐車場の車の中で食べていたら、目の前に大きな白いベンツのSUVが停まった。

中から、今ニュースで報道されているあおり運転ぶん殴り男の宮崎文夫(43)にそっくりの大柄でサングラスにキャップをかぶった茶髪のやんちゃボンボン系の男性と、”ガラケー女”こと喜本奈津子(51)にそっくりのマスクした茶髪ブランド系の女性が下りてきて、二人でアイスを買いに行った。

ある意味、感動した。これは全国共通のステレオタイプなのだ。「白い高級外車SUV+怒り”常に人のせい”やんちゃ系40代男+サングラス+キャップ+マスク+茶髪恨み独身女性」これでワンセットで、きっと今、全国で多発しているのだ。

団塊の世代がバブルでいい思いしていい気になって、甘やかしたデキの悪い一人息子に財産残した。その息子は、気がついたら周りは地道に努力してまともな家庭を築いていて自分だけ置いてけぼりをくらい、怒って世界中を恫喝して回っている、そんな構図なのだろうか。

この白いSUVあおり運転男の怒りと、農水省キャリアの父に殺されたひきこもり息子(44)の怒りは同じものだと私は思う。

29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所