• Ishikawa-legi

「仕事やめたい」

ずっと休養していた下の子が、先日やっと職場に戻っていった。もうやめるのかと思っていたがやめる勇気もなかったらしく、数日前から復帰準備を始めていた。

朝、その子が出かけるときに「気をつけて」と声をかけたら、

「気をつけない! もう死にたいと思っているのに、気をつけるわけないやろ!」

と、なんだかわけのわからないキレ方をされた。やつあたりだ。

下の子は、上の子と違って生まれた時は母子同室で、2歳ぐらいまで母乳でしっとり育てた。それなのに「仕事に行きたくない」と言い出したのは、どこが悪かったせいだろう?

そうだ!ワクチンのせいかも。あの子はアメリカで生まれたので、たくさんワクチンを打たされた。それをしておかないと学校に入れないという法律がある(ひどい法律だ)のでしておいたのだ。

ワクチンで発達障害や精神障害を起こすというのは、もはや有名な話で、今ではアメリカでもワクチンを一切打たせないお母さんも増えてきている。でも当時はそんなことは知らなかった。

それとも肉食のせいか? あの子は魚が好きではなく、私も魚料理は上手ではないので、つい肉ばっかり食べさせていた。

現代の食肉というのは、ホルモン剤やら化学薬品やら、わけのわからない薬で満ち満ちている。あんなものばかり食べて育てばやっぱり変な体になるだろう。

とにかくあの手この手で、子どもをダメにする作戦が展開されている。子どもが一人前に育たなければ、その民族は即、滅びる。

今朝は、今度は上の子が「仕事やめたい」と言い出した。めっちゃ疲れる。

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所