• Ishikawa-legi

生活回帰傾向

近くの温泉に行った。このブログではいつも若い人たちの銭湯マナーの悪さについてクドいているが、今回はちょっと違った。

二人連れのうちの一人が、もう一人にマナーを教えていたのだ。

「ここで掛け湯するんよ」

すると教えられた方が、「えー、そんなの聞いたことない」とぼやきつつも掛け湯をしていた。

そのあとも、「あがる時は、タオルでふいたほうがいいよ。」などとやさしく指導していた。

掛け湯を聞いたこともないというぐらいだから、10代ぐらいの若い人かと思ってちらっと見たら、なんの!もう40歳近いおばさんの二人連れだった。

でも若い人でなくてもおばさんでもいい。きちんと気持ちよくお風呂に入るのを学ぶのに遅すぎるということはない。

日本の風習がことごとく壊され狂った方向にどんどん行って、行き着くところまで行き着いたので、今ではなんとなくみんな、元にもどりつつあるなあという気がする。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所