• Ishikawa-legi

フェミニズムにだまされ続けたアホは私です。

研修会で東京に行ってきた。前回東京に行った時も感じたのだが、私と同世代の女性をほとんど見かけない。電車に乗っても、20代から30代の女性、20代から40代の男性はたくさんいるが、50代以上の男性は少ないし、50代以上の女性はほとんど見かけない。

きっと同世代の女性は、家の中にいる、もしくは外出するとしても近所のみなのだろう。電車に乗ってまで何かするような用事のある女性は少ないのだろう。まさに「家内」だ。

「女性も男性と平等に社会進出を」というスローガンの元に、みんな踊ったように見えて、実はみんな賢かったのではないか。外に出てガンガンやったってしんどいだけだ。「家が一番」ととっくの昔に気づいていたのだ。

いい歳してこんな日曜日にせっせと資格の単位稼ぎで遠出をしなきゃいけないなんてアホちゃうか、とみんなとっくの昔に気づいていたのだ。

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所