• Ishikawa-legi

縄文時代人と比べたら天皇は新参者?

知人が「三内丸山遺跡に行ってきた!」と興奮して話していた。縄文文化というのはとても高度だそうだ。話を聞いていたら、私もすごい行ってみたくなった。

三内丸山遺跡というのは青森県にある縄文時代の大規模集落跡で、住居跡が約780軒も見つかったそうだ。縄文人はここに町を作って暮らしていたらしい。

縄文時代は1万6千年前〜3千年前だから、三内丸山遺跡に住んでいた日本人は「天皇」なんかなしで平和に暮らしていたわけだ。この人たちから見たら、天皇家の2600年は新参者だなあ、と思った。日本人の精神性の”核”として天皇があるという考え方は比較的新しいものなのかもしれない。

うちの夫の実家は、代々ずっと加賀平野に住んでいた”原住民”だ。夫の祖母はお向かいの家から嫁入りしてきたし、そこら中に親戚がいて、ずっと昔から集落内で嫁のやり取りをしてきた。

夫はきわめて珍しいタイプのHLA型を持つそうだが、調べてみたらきっとこの辺りの人はみな夫と同じタイプのHLA型を持っているのではないか。

加賀平野には縄文時代の遺跡もあるし、かなり大昔からここに人が住んでいた。日本人は日本列島に数万年前から住み続けていて暮らしを守ってきた。それがたった150年であっという間に失われた責任を現代日本人としては痛感せねばなるまい。

三内丸山遺跡

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所