• Ishikawa-legi

「子どもをバカバカ産んでしまう人たちを虐殺して頭のいい人たちを残さないと、戦争のない世の中にできない」


N国党の立花孝志氏がホリエモンとの対談の動画で強烈な発言をしていた。

戦争を起こさないようにするんだったら

→いい教育をしないとできない

→いい教育は「子どもをバカバカ、バカバカ産んでしまう人たちを虐殺して、頭のいい人たちを残してちゃんと人口コントロールするようなことをしないとできない」

https://youtu.be/USJ_bQbroyI

いい教育は、頭の悪い人を虐殺して頭のいい人だけを残さなくても、他の方法でちゃんとできるし。

立花氏が日本のトップになったら私みたいな人間は真っ先に殺されるわけだ。頭悪いから。

この考え方はナチスの優生主義みたいや!と思っていたら、彼は別の動画でヒトラー礼賛みたいなことを口走っていた。

立花氏はどんだけ頭いいか知らないけど、理念がなさすぎ。 無理。

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所