• Ishikawa-legi

既得権益をぶっ壊せ!−N国党躍進


N国党の立花孝志氏が参議院議員を辞めて、埼玉の参院補欠選挙に出馬することになった。立花氏が辞めた後は、比例代表N国党の2位の浜田さんという人が繰り上げ当選するので、議席は減らないそうだ。

これで立花氏が補欠選挙に勝てば、N国党の議席がまた増えることになる。じわじわ、じわじわ議席を増やしていって、気がついたら自民党が改憲しようにも思うようにできない、という事態になるだろう。

立花氏という人は、既得権益の集団の仕組みをじっと観察して制度の隙をついて(逆手にとって)実にうまいことやる。天才的だ。

もう1つ天才的なのは、社会の不満層ー日本で言えば引きこもりニートーの共感を得て鼓舞して強大なうねりに持ち込むワザだ。すばらしい!そのうち本当に既得権益をぶち壊すだろう。とうとう日本もここまできたかと感慨深いものがある。

ぶち壊した後、どうするか。このブログで最初から云っている通り、業突く張りの欲張りが政権に入り込まない仕組みをきっちり作らなければならない。

リトマス試験紙みたいなのを作って、ちょっとなめたら、業突く張りは赤、達観した人は青、と出るような風なものできないか。そして青の人だけ政権入りできる、そんな仕組みがいい。

残念なのは、立花氏がこのリトマス試験紙をなめたら、ばっちり赤に出てしまうだろう点だ。トップに立ってみんなを引っ張っていくには深い理念や信念が必要なのだ。

だから堀江貴文氏のように先が読める賢い人たちは、とりあえず立花ブルドーザーがぶち壊すのを、後ろから腕を組んで眺めている役に今のところ徹している。

https://youtu.be/v7pcdn_VlIU

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所