• Ishikawa-legi

夫は絶対に価値観を変えない人

先日、うちの夫が部下の結婚式の主賓で呼ばれ、「伊藤博文が日本の黎明期を作ったように、新郎は業界の黎明期を作っていく人物だ」という旨のスピーチをしたらしい。

これを自慢げに話す夫に、私は仰天した。イマドキは伊藤博文は評価が分かれている人物で、「孝明天皇を厠で刺し殺したとも言われているんだよ?あんたは殺人犯を『偉い』と結婚式で持ち上げるんだ。」と私が言うと、夫は「北朝鮮はたくさん人を殺している」と答えた。夫は自分を守るため話を妙な方向にすり替える名人だ。

夫は何があっても絶対に価値観を変えない人で、「伊藤博文は偉い人」と教科書に書いてあったらそれを絶対に修正しようとしない。巨人ファンで、自民党で、地元の森喜朗支持者で…。「大丈夫か、おい!」と言いたくなる。

やはりおかしな事象に出会ったら、追求して研究して正しいことを突き止めて、頭をアップデートしていかなきゃいけないと思う。夫はアップデートが異様に遅い。

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所