• Ishikawa-legi

みんなが不寛容でヘトヘトだ〜

祖母(103歳)が入院してペースメーカーの交換術を受けた。仕事帰りに面会に行ったら、傷口の包帯もサポーターも全部取り去って上半身裸でいる祖母を見つけた。

左手は絶対動かしてはいけないはずなのに、フリーに動かしてみかんを食べている。「あれ?おばあちゃん左利きだっけ?」右利きのはずなのに右手は使わず、絶対安静のはずの左手ばかりで食べている。「もう我慢できない!」と祖母は絶叫した。

夕食が運ばれてきて、看護師さんが「食べさせてもらっていいですか?」とワケのわからない言葉遣いで言うので、仕方ない、食べさせることにした。でもスプーンがない。

看護師さんが言った。「スプーンお家から持ってきてないんですか?なら持ってきてください!」

「え?今からですか?」と思わず言い返してしまった。そしたらしぶしぶ、どこかからスプーンを持ってきてくれた。

家へ帰ってきたら、なんかもうヘトヘトだった。それから夕食作って子どもたちに食べさせた。女は”家族のお世話係”にすぎないし。もう仕事辞めようかな。

日本の入院ってなんて不便なのだろう。スプーンぐらいつけてくれたっていいじゃない。みんなが不寛容でヘトヘトだ。だいたい、103歳にあと10年もつ電池を新しく入れるって、考えただけでクラクラする。

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所