• Ishikawa-legi

何十年も生き方の路線を変えない栗原はるみさんはすごい。


私は20年以上前から料理家の栗原はるみさんのファンで、ずっと彼女の料理本を買い続けている。最新号を手にとって思ったけど、72歳でアップで本の表紙になれる人って世界中でこの人だけじゃないか?

髪も黒いし、シワもシミもないし、幸せいっぱいの笑顔だ。栗原はるみさんの提供する価値観って、何十年経っても同じで、そこは本当にすごいと思う。誰だって年月が経つうちに価値観が少しずつ変わるものだと思うが、栗原はるみさんは変わらないし、ブレない。

私は、バブルの頃は六本木でお立ち台に立って遊んでいる同級生がうらやましくて仕方がなかったし、30代の頃は子どもの友だちのお母さんがでっかいゴールドのティファニーのオープンハートのペンダントをつけベンツに乗って子どもの送り迎えをしているのがうらやましくて仕方がなかったし、ずっと他人がうらやましくて仕方がなかった。

バブルだった頃は栗原はるみさんの料理は好きだけど地道で地味な路線はそれほど好きじゃなかった。だけどあれからコツコツと何十年も栗原はるみさんはマイペースを貫いたのだ。今や彼女が王道だ。これは最強で本当にすごいことだと思う。

26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所