• Ishikawa-legi

粉ミルクとワクチンと共働きの子育てこじらせ3悪

上の子の同級生で中学から不登校の子がいて、夕食の時その子の話題になった。

「Y君がその子のことを『おめえ、バカじゃねえのか?』と軽い調子で言ったんだよ。そしたら次の日から来れなくなっちゃった。そしてY君が担任から呼ばれて謝罪させられた。」

その子は中学校からほとんど学校に来ていないし、消息不明で、「今、生きてるのかなあ」という状態らしい。両親とも外科医でバリバリだったっけ。

現代っ子の”打たれ弱さ”というのは、どういうことなのだろう?粉ミルクとワクチンと共働きの3大悪がどうにか作用したということなのだろうけれど、どこにどんな風に作用したのだろう?

言葉力が弱くて、言葉の刃にすぐ傷ついて、2度とリカバリーできない。こういう日本人はもう作らないようにしていかなければ。

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所