• Ishikawa-legi

東京一極集中

東京に出張で行った。9月にも行ったばかりなのに、なんかすっかりおのぼりさん気分で、新宿のかっこいいビル群に圧倒されて帰ってきた。

「東京で仕事するのはあこがれだなあ、でも東京で子育てはないな」と、うちで加賀棒茶を入れてしみじみ飲みながら子どもに言っていたら、「子育てできないような地はそもそも住めないでしょ。」と言われてしまった。

そだねー、このままイナカモンでいっかー。生き馬の目を抜く巨大都市東京でのし上がるには悪魔に魂を売らなきゃダメでしょ。生真面目に信念を貫く生き方してるとたちまち殺されかねない、平気で汚いことして他人をだますことができる人しかセレブになれない、そんなのいやだし。

そういう意味でうちのお父さんは、這い上がれなかったなあ。でもそれでいいよー、早くこっちにおいでよー。お父さんは若いころ地方から東京に出て新宿の都庁で働いていたし、今も東京のど真ん中で働いているけど、もういいよー。東京一極集中は何かの間違い(悪夢)だったんだよー。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所