• Ishikawa-legi

8050問題、無理!

今の職場に来てからずっと”老いた親と独身の子ども”の問題を解決しようと取り組んできたが、そろそろ力尽きてきた。やっぱり無理だ。

親は子どもを手放さないし、子どもも家を出ようとしない。親子でくっついて離れず、やがて親→子どもの順で死んでいく。親子共々「それでいい」と思っているところを、外から私のようなものが介入すると、みな怒って私を蛇蝎のごとく忌み嫌って去っていく。

おそらく今の日本人の6〜7割が、親→子どもの順で死んでそれで終わりになる。でも残った3〜4割の日本人は、着々と家族を増やし、養い、楽しく暮らすだろう。だからそれでいいのだ。

子どもを老いた親から離して引き取っても、自立は本当に難しい。一度羽化に失敗したものは何をやってもダメなのだ。諦めが肝心で、無駄に頑張らないように。

マザーテレサじゃないけれど、「死を待つ人の家」でも作って、親が死んで家に一人残っている子どもを引き取って収容し、静かに最後まで世話をする、そんな施設が近い将来必要になってくるだろう。

33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所