• Ishikawa-legi

元フジテレビアナウンサー笠井信輔講演会


昨夜、元フジテレビアナウンサー笠井信輔氏の講演会に行った。はっきり言って期待してた以上にとても面白かった。

笠井氏は阪神淡路大震災も東北大震災も取材に行ったそうで、「阪神淡路大震災では『地震があってよかった』と言っている人がいた」とか、「東北大震災で水に浸かっていた時に、水の中から自分の足や腰にしがみついてくる年寄りを蹴飛ばして振り払った。」とか、絶対に放送できない話がたくさん聞けたと話していた。

笠井氏はロックフェラー直系のかの有名な”フジテレビ”の中枢にいた人だから、当然、人工大震災にまつわる魑魅魍魎の闇の暗躍を熟知しているだろう。にもかかわらず、今の日本の惨状の解決法としては、結局、”人の和”しかないと訴えている。私はそんなところに深く感銘した。

下図は、イルミナティの目、ではなくてフジテレビのロゴマークである。

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所