• Ishikawa-legi

「多忙→体調不良→ますます多忙」の悪循環

「ママ、スーパーの駐車場で寝てたでしょ。」と、家に帰ってきたら子どもに言われた。子どももそのスーパーに行ったらしい。そして駐車場で私を見たらしい。

確かに私は寝ていた。だって眠くて、眠くて、スーパーに着いたけど車から降りれないんだもの。外来が終わって疲れ果てて、ちょっと寝てからでないと、夕飯の買い物に行けない。

夕飯作りは超大変だが、これをさぼって出来合いのお惣菜で済ませていると、次第に体調が悪くなって元気が出なくなる。だから菜っ葉一つでもいいから買ってきて湯がいて食べるようにしないと後々大変になると思って、力を振り絞ってスーパーへ行ったのだ。

「わかるけど、でも、寝るのはみっともないからやめてね。」と釘を刺されてしまった。

最近、また眠り病にかかってしまった。眠くて眠くて。小周天を回すのをさぼっているからか、チャクラが閉じてしまったのかも。毎日こなしきれないくらい沢山の仕事があって、余裕が全くない。悪循環だ。このまま死ぬのかも。

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所