• Ishikawa-legi

ブイブイ言わせていたアメリカ人の現在の貧困

You Tubeでアメリカ・サンディエゴの貧困白人の動画を見て暗澹たる気持ちになった。20数年前に私たちがサンディエゴに住んでいた時は、白人たちが不動の輝きで私たち有色人種を圧倒していた。

白人たちは中流の人でも公園ほど広さのある庭つきの宮殿みたいな民家に住んで、生活を謳歌していた。アメリカは絶対的な存在で間違いなく”The Greatest" だった。

それが今ではコンピューター技師のようなインテリたちが職を失い、家を失い、車中泊しているという。

しかしこうなってみると、以前は分不相応な暮らしだったのだと言わざるをえない。白人たちは有色人種からカツアゲした金で優雅な暮らしをしてきたので、そんなもの長く続くわけないのだ。どこの国でもどの時代でも因果応報は絶対ルールなのだ。

サンディエゴの無料駐車場に停めた車の中で人々は暮らしている。

https://youtu.be/JHDkALRz5Rk

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所