• Ishikawa-legi

Vous ne faites plus peur!

「もう怖くない!」

本当にそうだ。というより、怖がっていてはダメだ。ずっと長い間歴史を偽造してきたあの人たちは恐怖を利用しているのだから、その手の内にはまったらダメだ。

フランス・パリでは、予算を削られた消防士たちが怒り狂ってデモ行進をした。その消防士たちに対して警察官が催涙ガスを浴びせ、消防士たちは消火栓から吹き出させた水で顔についた催涙ガスを洗い流していた。

https://youtu.be/EkU4_2G96Vg

なぜ消防士が怒り狂っていたかというと、消防士たちの年金を削って、ロスチャイルド銀行が自分たちの借金の返済に充てたからだ。そりゃ怒るでしょ、普通。

ロスチャイルドたちエリートは、贅沢三昧していたのがバレて金を返さなきゃいけなくなって、消防士のような下々から金を搾り取って返すんだから。

もう世界中でカラクリはバレている。みんなちゃんと知っている。中国のコロナウィルスだって、アメリカが1月31日の決済日を延期させようと中国を脅迫した生物兵器だ。脅しが効いて決済日は2月29日まで延期された。でももうちょっといい加減にしてくれ、という心境だ。

日本人は怒らない。でもいつの間にかちゃんと良心が勝っている。日本人は日本人のやり方で立ち直ればいいと思う。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所