• Ishikawa-legi

「人生で一番欲しかったもの:家庭」


男性の婚活学校「BRIGHT FOR MEN」というのが東京にはあるそうで、少子化の救世主となる可能性があるかも。

https://bmen.jp/

この学校のホームページに載っていた「卒業生の声」の「41歳WEBデザイナーYさん」のコメントはちょっとウルっときた。

「人生で一番欲しかった『家庭』を持つことができ、毎日充実しています。」

Yさんは入学してから1ヶ月半で彼女ができ、婚約→結婚と順調に進み、近く子供が生まれるそうだ。

私が小さい頃は、女の子の夢はたいてい「お嫁さんになること」だった。でも男の子の夢は「プロ野球選手になること」「総理大臣になること」のような職業の追求だったような気がする。

だから私は、男性の人生の一番の目的は「成功」なのだと思っていた。男性というものは社会的な夢を追求しており、家庭を持つことにはポイントを置いておらず、妻帯は目的を達成するための手段と捉えているのだ、と思い込んでいた。

それがそうではなく、男性もやっぱり家庭を持つことを幸せと考えているとこのコメントから知ることができ、ほんわりハッピーな気分になった。よかったね、Yさん!

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所