• Ishikawa-legi

私が30代、40代の頃に一番なりたかったものは「未亡人」

「だんな・デスノート」(宝島社)という本があるらしい。結婚しただんなが最低最悪のゲス夫だった!死ね!という妻の叫び声を集めた本だそうだ。

実は私も、30代、40代の頃に一番なりたかったものは「未亡人」だった。夫が嫌いで、嫌いで、家にいるとイラついて、でも帰ってこないとまたイラついて…。

もちろん、結婚して30年近く経つ今となっては、「”共白髪”って本当にやすらぐわぁ」と思っているけど。当時何をあんなにイラついていたのだろう?

でもこんな本があるということは、「夫が自然死してくれれば一番楽だ」と思っている妻って、私だけじゃなくてたくさんいるってことだ。ある意味フツーだってことだ。

よく考えたらこれは悲しいことかもしれない。育児期に夫に共感性がないので、その死を願うくらい嫌いになる→間接的に少子化につながっているような…。とすればこれは社会問題だ。

で、夫のほうも実は妻から嫌われていることを知っていて、妻のことをこわがっている。先日50代の会社員男性と話していたら、途中でふとしたはずみに「妻からお茶に毒を入れられたりして…あはは」と冗談めかして言っていた。

こういうのは昔からある普遍的な現象なのか? 現代だけに特有のものなのか?

「だんな・デスノート」より

■投稿者:hurry  今日も帰ってきやがった。いつ死ぬの? いまでしょ! 心臓発作、心筋梗塞、原因不明の死でもいい。とりあえず死ね!

■投稿者:wasabi  帰宅はね 冷たくなって してくれる?

■投稿者:roora  早く死んでくれ。子どもが小さいうちに死んでくれ。子どもの記憶にも残らないでほしい。事故って即死すればいいのに

■投稿者:merry  どうかどうか今年のクリスマスプレゼントは、旦那に事故死をください。

■投稿者:rainrain  趣味の釣り 竿に雷落ちてくれ

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所