• Ishikawa-legi

なぜアメリカ人は自国のデフォルトについて語らないのか?


https://youtu.be/KM-7BDQcLEg

時々チェックするアメリカのYou Tube番組”WeAreChange”は、チャンネル登録者数が62万人で、「殺すぞ」という脅迫を含めさまざまな妨害を受けてきたが、生き残っている。

この人の動画「ジェイコブ・ロスチャイルド突撃インタビュー」及び「911タワービル所有者へのツッコミ質問」の二つは秀逸で、彼がこの二つの動画によって闇を光にさらけ出した功績は、人類史上計り知れないくらい大きいものだと私は思っている。

https://youtu.be/6sCioKnpHdY

https://youtu.be/wJsEGgc5L2c

にもかかわらず、なぜ彼は「2020年2月16日アメリカ破産」に触れないのだろう?とても不思議だ。

このイベントを語らずしてコロナも何も一切論じることはできない。すべてはここから来ているし、すべてはここからリセットされる。

他のアメリカ人の動画を見ても「2020年2月16日アメリカ破産」に触れている人は皆無だと言っていい。なぜアメリカ人は自国のデフォルトについて話さないのか?知らないのか?それともあえて避けているのか?

アメリカ後の体制についてどんどん議論していかなきゃいけないのに、誰もそんなこと言わないのが、ものすごく不思議だ。

37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所