• Ishikawa-legi

今まで外されてきた人たちによる下剋上が始まる

農水省にお勤めの50代女性が、連日コロナ対策で残業続きで大変だとぼやいていた。農家や農業法人から”不安”の電話やメールがたくさん来て、いちいちそれに返事しなきゃいけない。

中には匿名のファックスなどがあって、どうやって返事を返したらいいのかわからい。でも無視するとあとで「なんで返答しない!」とお叱りを受けるかもしれないので、「こういうお問い合わせがあって、こういう返答を想定してます」と各部署で共有しなきゃいけないのだそうだ。アホじゃないか。

「茶番劇につきあわされて、もうウンザリ!」「わが大臣をテレビで見て『なんてアホ…!』と絶句する」などと散々クドいていった。

彼女は女性だから仕事はできても出世はできず課長補佐止まりで、でもだからこそ下から上を見てありありと男どものアホさ加減がわかるのだ。私は同じ50代女性として彼女ととても気が合う。

女性に限らず、男性でも真面目で優秀であればあるほど干されてきたはずで、(なぜなら支配者層はアホな人間ほど上に据えるから)、こうやって邪険にされてきた人たちによる下剋上がこれから始まる。

44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所