• Ishikawa-legi

アメリカ破産後の経済どうなる?

コロナ明けたら経済制度がどうなってほしいかというと、私は”物々交換”になってほしいなと思う。「お金」というものはこの世から消えていてほしい。

物々交換といっても、その都度等価でやり取りするのではなくて、人生トータルでみたらプラスマイナスはゼロで「どっこい、どっこいやね〜」というところで落ち着くような感じ。

その都度の等価交換というのは、AさんがBさんのところへ行って話し合った結果、「畑で採れたキャベツ2個とタオル1枚を交換する」という場合のことだ。これだといちいち面倒くさいし、あとあと不公平感が生まれるかもしれない。

そうではなくて、AさんがBさん宅を訪れて、「畑で採れたキャベツ、置いていくよー」とどっさり持って行き、「あんがとねー」とBさんがもらっておく。

数日後にBさんがAさん宅を通りかかったついでに、「もらいもののタオル、使わんからあげる」と置いていく。こんな感じのゆる〜い物々交換がいいなぁ。これだとお金いらんし。

こうやってお互いに助け合い支え合って仲良く暮らす、っていう世の中になるといいなぁ、コロナ明けたら。

55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所