• Ishikawa-legi

やっぱりインチキか…


ああ、やっぱり!5月25日白人警官に殺されたはずの黒人ジョージ・フロイドは生きている可能性がある。あの事件はヤラセだったかもしれない。

2012年サンディフック小学校銃乱射事件や2013年ボストン・マラソン爆発事件はヤラセだったことで有名だが、この二つの事件の時に演技したバイト俳優が、今回の白人警官の役も演じたらしいのだ。顔がそっくりらしい。

支配者層は黒人が白人警官に殺される事件をでっち上げて、全米に大規模暴動を誘導した可能性がある。

ニュースでやっていた全米各地の暴徒の大部分も、実は支配者層に1日1万円くらいで雇われた”バイト暴徒”なのかもしれない。最近よくある話だ。

こんな風に色々なまやかしがあるから、いかに生きるべきか、よく考えて間違えないようにしなければ。

42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所