• Ishikawa-legi

マカレナ踊るアメリカ州兵


ジョージア州アトランタで6月7日、州兵が”マカレナ”を踊る様子が動画にアップされていた。全米各地で拡がるデモ隊を制圧するための州兵だが、出動前に迷彩服で楽しそうに踊っていた。

https://youtu.be/lqeglNYN2us

このノリノリのダンスはとっても簡単で、何回か見て覚えたので私も一緒に踊ったら、鬱々とした気分が晴れて元気になった。

アメリカの大規模デモが単に人種差別を訴えているだけではないことは、どんなにテレビ洗脳がひどい人でもわかるだろう。アメリカ大規模デモのターゲットは、政府の中枢にいるほんの一握りの人たちだ。その人たちに怒りをぶつけているのだ。怒り狂って我慢がならないのだ。

その気持ちは州兵も警察も同じだ。州兵も警察も、自分たちをだまし利用してきた政府の奥にいる”あの人たち”に怒り狂っている。911もイラク戦争もコロナも何もかも「ふざけるな!」だ。

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所