• Ishikawa-legi

「”国民の金を何に使っているか秘密にしている政府”っている?」「いらんわ!」

病棟の男性看護師の奥さんはちょっと障害があってなかなか仕事に就けなかったのだけど、最近やっといい仕事を見つけて働き出した。

そしたら先月1ヶ月の給料が9万9千円で、なのに県民税、市民税、健康保険料、年金等で7万5千円引かれて2万4千円しか残らなかったそうだ。

これではあまりにひどすぎる。一生懸命働いても何も残らない。働かない方がマシとさえ思える。「世直ししなきゃ!」と言ったら、「先生がやるなら、ボクもやる!」と言ってくれた。

別の病棟の女性看護師のダンナさんは、去年定年したので自営で事務所を立ち上げたら、健康保険料が月々4万4千円取られるようになったとぼやいていた。

大体、これだけ何百兆円も金を国民から巻き上げておいて、”特別会計”にぶち込んでおけば何に使ったか言わなくいいなんて!あまりにひどい!こんな政府は百害あって一利なしとしか思えないんだけど。

55回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所