• Ishikawa-legi

今まで分不相応してきた分、アメリカ人たちは大変だ…


今週のベンジャミン・フルフォードのブログはとても悲観的だと感じた。アメリカ国民は大混乱のカオスに陥っており最悪の事態を迎えていること、今まで世界を牛耳ってきたマフィアたちは第三次世界大戦を巻き起こそうと狙っているか、コロナ・ワクチンでマイクロチップを埋め込んで全人類を奴隷化しようとしているか、人口の90%を殺そうとしているかの3派閥に分かれていて、かなり危険なレベルであることなどが書かれていた。

ベンジャミンはブログの最後にいつも必ず「正義は勝つ!」と私たちを励ましてくれていたが、今週号はそれがなく、かなり切羽詰っているように見受けられた。

でも、それでも私は「日本や世界は何とかなる」方向で動いていると感じられてならない。艮神が「末代まで平安な世になる」と言っているのだから、そうなるに決まっている。

40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父と同居開始

「とうとう、父を呼び寄せて同居開始!」と晴れがましく報告するつもりだったが、現実はやはり厳しい。なんだか父の一挙手一投足が癇に障ってイライラが募るし、上の子からも「このままジージの認知症が改善しなければ施設に入れることも検討して!」とLINE が来るし。 なかなか物事はそう簡単にはいかない。今後もっとスムーズに同居が進むといいが…。

「コロナでよかった」「えっ!?」

「でもさー、コロナでよかったよ」と言ったら、子どもに「ええっ!?」と仰天された。私が言い足りなかったのだが、「アメリカが破産した影響がコロナ程度で済んでよかった」という意味だった。 今年2月16日にアメリカは2500兆円だったか、人類史状最高の借金を抱えて倒産した。かなり前から「もう持たない」「危ない、危ない」と言われていた砂上の楼閣だったが、とうとう本当に倒産してしまった。 巨体アメリカが倒れて

© 2016 石川レジティメシー研究所